楽しかった撮影会:その1

ごきげんよう。最近めっきり朝が涼しくなってきましたね。寝るときに扇風機回してる俺ですが、朝は震えながら目が覚めます。
でも扇風機止めて寝ると暑かったりするんですよね。どうしようもなさすぎる。

さて、KAGAMIももうすぐ終了に近づいてきたので先週末の9月2日に友人たちを集めて神隠レノ夜撮影会を決行してきました。
俺のパートナーのなんちゃんの作ったこの景観、コピってまるまるどこかに保存しておきたいくらい気に入っているので今の内に残しておかなければと必死です。
終わってしまうなんてもの悲しいですね。

撮影会で撮り溜めたものをフリッカーに既にアップはしてありますが、何となく考察というか、ちょっとした物語妄想付きで少しずつブログに載せていこうとおもいます。(いっきに紹介するとブログネタがなくなってしまいますからね)
妄想付きとか完全にマキさんのパクr……許してもらおう。

まずは上のアイキャッチにもなっているこの画像。
※ここから先の画像や物語は友人たちと作った非公式設定であり、公式ではありません。

左からシンイチ、リョウタ、マコトです。
シンイチ(左)とマコト(右)は兄弟であり、リョウタの従兄弟という設定。
お遊び設定の中にはリョウタの兄であるリュウイチもいます。
リュウイチ氏が一番年上で続いてシンイチ氏、そしてマコト氏がリョウタと同い年。
名前は独断と偏見で決めました。(リュウイチ氏だけは本人が自分で決定)一部に至っては普通にそのままアバターネームwww

The Godless Night

シンイチ「この祠は戌の位置にあるだろう?だから祝詞は韻を強めに、封は二重掛けするとより強力な圧がこちら側からかかる筈だ」
リョウタ  「二重掛けで強力になるなら三重掛けは……?」
シンイチ「3回目になるともうあまり意味がないかな」
マコト 「へぇ……(俺も今3回かければ強力になるんじゃね?とか思った(;´∀`))」
リョウタ  「ふむ……韻を強めに……天清浄 地清浄 内外清浄 六根清浄と 祓給う……」
リュウイチ「 [祠]・ω・` )チラ」
シンイチ・リョウタ「「ちょっとリュウイチ兄さん、そこ危ないですよ」」
リュウイチ「[祠];´Д`)!?」

場面は数年前、まだリョウタも寝たきりになっていなかった頃です。
年に一度、祭りの前は祠に術の掛け直しを行います。
少し前までは父親世代(神主)がやっていましたが、ゲームのシナリオ上狐曰く「力を強く受け継いだ特別な子」だそうなので、そのリョウタが代わりに術の掛け直しを行い、それを子供世代がサポート。
画像には写っていませんが、想像上では祠の影にてそこから年下3人を見守る心配性な兄リュウイチ。
Fairさんとマキさんのやり取りを見てこの会話を思いつきましたwww
真面目そうに見えて結構うっかりさんじゃないかなと思います。慕われてはいるけどよく年下組に怒られてそう。

でもきっと兄弟仲は悪くないはず。

Dear my brother...
リョウタ「( ˘ω˘)スヤァ」
リュウイチ「弟よ、動けないぞ……」

背中を預けて居眠りするくらいは仲が良い兄弟なんじゃないかな。
ただ、これ兄の方時間が経てば経つほど絶対辛い体勢(動くと寝てる側が床に転がりそうですしね)なので、兄が(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァし始めるのも時間の問題www
リョウタが目を覚ます頃には兄ちゃんは石のようになっているんじゃなかろうか。
頑張れ兄ちゃん。
もしかしたら、リュウイチ氏が日焼けしてるのもこういうのが原因なのかもしれない。

一方その頃、じーちゃんは

KAGAMI-神隠レノ夜
(画像はかもさんとこより拝借)

修行と言う名のキャバクラにて若作りという噂の狐とイチャコラしていたらしい。

他の画像はまた後日。

おわる。

spacer

2 comments on “楽しかった撮影会:その1

  1. かもりぃぬ

    じーちゃん行きつけの♥狐っ娘クラブ♥
    実は神主の父も足しげく通っているとかいないとか…

    1. masaomi
      masaomi

      若作りのあたりにツッコミがないので自己承認なのかwww