無に帰す

KAGAMI 2017 build - The Godless Night~神隠レノ夜
(出典:Katat0nikさんのフリッカーより)

 

ごきげんよう。
ここのところ10月のイベントの制作に追われていて燃え尽き症候群な俺です。
俺は10月のイベントは3つに参加させていただいていますが、ほかのクリエイターさんは5,6個とか参加しててやばい。
クリエイターおそるべしです。どこにそんなパワーがあるのか。
参加を迷っているうちに参加するのか否かを返事できないまま締め切りが通り過ぎていってしまったイベントもあり、失礼なことをしたなと反省してます。
もしイベンターさんがここを見ていましたら懲りずに誘ってやってください。

さて、とうとうsecondlifeでの神隠レノ夜が終焉を迎えてしまいました。
上記画像はKAGAMIスタッフのKatat0nikさんが撮影されたものですが、圧巻ですよね。
景観の良さが最大限に引き出されているんじゃないかと個人的に思いました。撮影めっちゃうまい。
10月1日の昨日、お借りしていた箱庭シムをtaikoさんに真っ新な状態にして頂きました。
今現在リョウタは俺のインベントリの中で静かに眠っています。

(出典:taikoさんのTwitterより)

このシムの景観を構築したなんちゃんは何だか寂しくて泣きながらコピーできるものをコピーしたということだったので、なんちゃんの代わりに俺が立ち会ってきました。
これを読んでいる皆さんにしてみれば「そんなに?www」と笑ってしまうかもしれませんが、特にビルド専門で活動していないなんちゃんが俺の無茶なオーダーにこたえるべく色々と悩みながら景観を作ってくださったのは分かっているので、そんななんちゃんを見て俺もうるうるしてしまいました。
涙もろい俺であります。映画の内容知らなくても感動シーンだけで泣けます。
まだ拙いながらもSLでクリエイターをさせて頂いていますが、自分が作ったものは出来の良し悪しにかかわらず我が子同然なんですよね。
なので存在期間の定められた制作物を無にするっていうのはこんなにも辛いものなのかーとしみじみしてしまいました。
世の中のそういった刹那的なことをしてる人は毎回こんな気分を味わっているのかと。

secondlifeの中では神隠レノ夜は終わりましたが、俺の中ではまだまだ引き続いていこうと思っています。
もともとPCゲームにしようと思っていた企画ですので、自己満足ですが少しずつPCゲーム化を進めていきたいなと思っています。
世の中に公開するかどうかというのはまだ全然考えていませんし、そんな公開できるようなものができるかというのも分かりません。
でも自分が満足のいくまでというか、区切りがつくまでは色々続けてみようと思っています。

ホラーゲームにしたいなと思っているネタはまだほかにもあるのですが、こうして拾っていただいて一つの作品としてsecondlifeの中で披露でき、その設定でたくさん遊んで頂いた神隠レノ夜は自分の中で特別な存在になりました。
secondlifeの中から抜け出した神隠レノ夜はもしかするとそんなの神隠レじゃない!と言われてしまったり計画倒れになってしまうかもしれませんが、どうぞ暖かい目で見守ってやってください。

https://gyazo.com/c9e806ee6296d5fe440fd8131da1efa3

これは9月30日に撮った画像。
最後のSS撮影をしていたらカモさんが着て、それで撮ってたんかい!とツッコミされました。
違うんですよ。たまたまこれだっただけで、ほかにもいくつか真面目なの撮ってました。
本当ですよ@p@;

そんなかもりーぬの怖い瞬間を激写!!!!!!!

https://gyazo.com/538b3a39dbf4d37e6a49710d99dc2939

いつもはキレイなメッシュヘッドもいかに光加減が大切かわかる一枚。
ただのバイオハザードになるかもりーぬ。

そんなかもりーぬとは対象的に、かわいいなんちゃん。

 

神隠レ最後の夜にお集まりくださったフレンドの皆さん、遊び倒してくれた皆さんありがとうございました!
またいつか神隠レノ夜が訪れる日までごゆっくり平穏な日々をお過ごしください!

 

おわる。

spacer