前回の記事も廃墟でしたが、今回も廃墟的なSIMの紹介です。
前回のPost Apocalyptic Theme Parkと同じ系列のSIMだと思われる「Arranmore」は海に囲まれる不気味な島です。
アランモアという島は実際にある島なのですが、そこと関係があるのかは分かりません。

My last post was also abandoned, and here’s another abandoned SIM.
I think it’s a SIM in the same family as the last Post Apocalyptic Theme Park. ‘Arranmore’ is a spooky island surrounded by the sea.
The island of Arranmore is a real island, but I don’t know if it has anything to do with it.


SIMを訪れると駅に降り立ちます。
カチカチと時計の秒針の音が響き、時折空を雷が駆け巡ります。
駅のそばで一人の男が本を読んでいます。
あまりにも不気味な島だったので誰もいないのかと思っていましたが、島民なのでしょうか。
駅からまっすぐ歩いていくとこえまた不気味な屋敷が現れます。

When you visit the sim, you land at the station.
The ticking of the clock’s second hand echoes and the occasional thunderbolt runs across the sky.
A man is reading a book near the station.
The island was so eerie that I thought no one was there, but he might be an islander.
If you walk straight from the station, you will see another eerie house.


屋敷の中に入ると、命ある者とは別の何かが住んでいるようでした。
哀し気に響くピアノを姿の見えない誰かが弾いています。
その近くではやはり姿のはっきりしない人影が歩き回っていました。
かつては活気のあった島だったのかもしれません。
しかし今では滅びていくのを待っているかのように見えました。

When I entered the mansion, it seemed to be inhabited by something other than the living.
Someone unseen was playing a piano that sounded mournfully.
Nearby, an unidentified figure still wandered around.
It may have been a lively island once.
But now it seemed to be waiting to be destroyed.


生きている人間と正体不明の何かの対比がより一層不気味さを引き立てているSIMでした。
足を踏み入れる皆さん、正体不明の何かに捕らわれないよう気を付けてくださいね。

The contrast between the living people and the unidentified something made the sim even more eerie.
Please be careful not to get caught up in this unidentified thing, everyone who sets foot in it.

Arranmore
http://maps.secondlife.com/secondlife/Aridia/63/131/23